カトリック浦和教会
最初のページへ  


交通アクセス
ミサの時間 mass
管理者へメール
HP運用規程
資 料
教会が初めての方へ
結婚式ご希望の方へ
担当司祭のご紹介
葬儀について
規約、組織など
浦和教会の歴史

浦和教会の歴史

 1934年にプラシード・メーラン神父らの宣教師が知事舎や信徒宅でミサを始める。
 1938年、埼玉師範付属小学校跡地の一部払い下げを県から許可されて、聖堂建設の土地が確保された。
 1939年、浦和地牧区創設に伴い、教区長座教会となる。
 1940年、「幼きイエズスのみ心・聖テレジア教会」が司祭館とも竣工し、献堂された。
 1944年、戦争の影響で政府による接収を免れるため、聖堂内にみどり幼稚園の前身である
保育園を開設した。
 1957年、知牧区から教区への昇格に伴って、司教座聖堂となる。
 1979年、市役所建設による土地交換のため、現在の場所に移転し、新聖堂が献堂された。
 2005年現在、教区の国際交流センター「オープンハウス」が隣接し外国人信徒も多く、教会では、いくつかの外国語ミサや、交流ミサを行うなど、豊かな共同体づくりを目指している。
  (資料: カトリック浦和教区創設50周年記念誌より)


17号線側にあった移転前の旧聖堂


Copyright(C) 2005-07, Catholic Urawa Church, All rights reserved.