カトリック浦和教会
最初のページへ  


交通アクセス
ミサの時間 mass
管理者へメール
HP運用規程
資料
教会が初めての方へ
結婚式ご希望の方へ
担当司祭のご紹介
葬儀について
規約、組織など
浦和教会の歴史

今月のお知らせ

〜〜 主日のミサの中でのお知らせを含めて、随時更新しております 〜〜


●  奉仕委員会より

1.

2.






10月8日(日)10時のミサで「浦和教会創立80周年」をお祝いします。司式は岡田大司教様です。皆様、是非ご参加下さい。

10月8日(日)ミサ後、浦和教会の守護の聖人「幼きイエスの聖テレジア」を祝うとともに、浦和教会創立80周年のお祝いを行いたいと思います。

創立80周年の記念として、
①浦和教会80年誌の発行
②歴代司牧区長・司教様の写真のお披露目
③パネルによる80年史を企画しています。

またテレジアフェスタでは食事の準備とフリーマーケット、アトラクションが企画されています。
ふれあいくらぶも「子供ゲーム・からくた売り場」で頑張ってくれます。多くの方の参加をお願いいたします。



●  信仰講座 『キリストと歩む』 全6回 〜 宣教司牧部より

< 講 師 > 阿部仲麻呂神父様(サレジオ修道会)

<開催日時> 毎月1回(8月はお休み) 土曜日 14:00〜16:30

<開催場所> カトリック浦和教会

第1回
6月17日
テーマ:イエス・キリストと歩む
第2回
7月15日
テーマ:欧米のイエス研究の背景(上からのキリスト論)
第3回
9月16日
テーマ:欧米のイエス研究(下からのキリスト論)
第4回
10月21日
テーマ:日本での研究状況
第5回
11月18日
テーマ:十字架の意味/ネットワーク的キリスト論
第6回
12月16日
テーマ:カトリック教会の立場と展望

対象 : どなたでもいらしてください
献金 : 各回 500円

主催 : カトリック浦和教会
〒330-0061 さいたま市浦和区常盤6−4−12
Tel 048−831−0134   Fax 048−824−1524



●  合同堅信式〜奉仕委員会より

12月3日岡田大司教様による合同堅信式が草加教会で行われます。

まだ堅信をお受けになっていない方で今回希望される方は、聖堂前にある申込用紙に必要事項記入のうえ、
吉川神父様または奉仕委員長に提出ください。



●  施設部より

1.




2.
祭壇右手側の物置内を整理したいと思います。

各部で使用・保管の物品は、施設部にご連絡ください。
不用品については、処分を行いたいと思います。 よろしくお願いします。

11月19日(日)に教会の大掃除を予定しています。ご協力お願いします。



●  命日記念ミサ

10月13日(金)朝10時より、故清水宏神父様の命日記念ミサが行われます。
皆さま、心を合わせてお祈りください。



●  教区神学生支援「一粒会」寄付〜ときわぎ会より

平成9年から始めたミサ時一粒会献金箱と毎月のときわぎ会会費の寄付も今年で20年を迎え総額147万円となりました。
これは一重に皆様のご協力があってのことと深く感謝申し上げます。
今後もこの活動を継続してまいりますので、どうぞ宜しくお願い致します。



●  総務部から

教会内での忘れ物は、図書室にある忘れ物箱にてお預かりしてあります。

3カ月保管後は処分致します。傘は1カ月です。
お心当たりのある方はお立ち寄り下さい。



●  「ふれあいくらぶ」から 〜ふれあいクラブに行こう!〜

1.





2.
ふれあいくらぶは、浦和教会の子どもたちみんなで神さまのことばのお恵みをわかちあう集まりです。

3歳ごろから小学校卒業まで、毎月第2・4日曜日9時40分から(10月8日は記念ミサのためお休み)。
詳しくは聖堂入口にあるお知らせをご覧ください。保護者の方の付き添いも歓迎です。
なお、1学期に申込書をお出しでない保護者の方は、2学期のお知らせにある申込書にご記入の上、提出願います。よろしくお願いします。

テレジア祭恒例ゲームコーナー

10月8日のテレジア祭で「ふれあいくらぶ」から恒例のゲームコーナーとなんでも市場を出店します。
今年は新しいゲームも用意してみなさまのお越しをお待ちしております。お友達、お孫さんもぜひお誘いください。



●  報告〜広島巡礼に参加して

1.








2.








3.

平和について T.Y(大学2年・男)

広島巡礼に参加させてもらいました。移動中、私は平和について考えていました。戦争や核の廃絶、人が安全に笑って過ごせる。それが自分の考える平和です。しかしながら、平和とは具体的に何を表すのか深く考えたことがありませんでした。少し調べてみたいと思います。明鏡国語辞典MXによると、「①戦争や紛争がなく、世の中がおだやかな状態にあること。②心配事やもめごとがなく、おだやかであること」と書いてありました。二つの共通する点はおだやかな状態であることです。ではおだやかとはどういう状態でしょうか。「①荒れたり激しく変わったりせず、安らかなさま。②気持ちが高ぶらず落ち着 いているさま」と書かれています。つまり、平和とは安らかで落ち着いていることを指すのだと思います。落ち着いて物事を対処するのは、難しいことです。ですが、それを一人でも多く実行することが一番の平和への近道かもしれません。

広島巡礼感想 K.M(高校2年・男)

平和への願い、祈りを本義に、“さいたま教区”の仲間と数日間を共にした。ローカル線を乗り継いでの長旅の中で不便さやアクシデントもあったが、お互い助け合い愉快に過ごすことができた。鉄道をこよなく愛す私にとってはとても楽しい旅だった。私は今度修学旅行で沖縄に行くので今年は何かと戦争に触れることが多い。夏に、「あの戦争を伝えたい」という本を読んだ。戦争体験者は、減っていき、語られたすさまじい戦禍の記憶は、社会の中でどんどん薄くなりつつある。残酷で厳しい本当の出来事を次の世代に残していけるのだろうか。私たちは、広島巡礼の折、必ず原爆資料館を訪れる。自分たちの目でしっかり見て、将来へ語り継ぐ語り部となれるように、真実を受け継いでいくためにはその時何があったのかを知らなければならない。

広島巡礼感想文 S.O(高校1年・女)

わたしが広島巡礼で感じたことは、平和を願う気持ちはどの国の人も同じだということです。8月6日の平和公園にはとてもたくさんの外国人がいて、今ここに同じ気持ちを持ったたくさんの人が集まっているんだと思うととても感動しました。また、全国のカトリックの中高生がこんなにいるんだと知り、とてもうれしく思いました。友達で引越してしまった名古屋教区の子と偶然会えた事もすごくうれしかったです。



●  宣教司牧部から

1.





2.
10月11日(水)10時30分より、訪問会のため、マルコ神父様の勉強会があります。

高齢者の方・病気の方を訪問するための心の準備、いろんな方と接する時の福音的姿勢についてお話し下さいます。
どなたでも参加できますのでお待ちしております。
12時からミサもあります。

8月〜9月に行われた視覚障がい者のためのロゴス点字図書館へのご協力により集まった切手、CD、カード、及び寄付金1万3千円をロゴス点字図書館へ送ることが出来ました。皆様に心から感謝申し上げます。



●  共同墓管理委員会から

9月23日(秋分の祝日)晴天の下、川越教会墓地にて、吉川神父様司式により、共同墓建立予定地の祝別式が行なわれました。
浦和教会他から約30名のかたが参列しました。
11月竣工予定ですが、竣工式日程が確定しましたら改めてお知らせいたしますので、どうぞご参加ください。



●  「イリスの会」から

イリス会に参加しませんか?

教会に初めていらっしゃった方、カトリックに興味のある方を対象に、「イリスの会」という集いがあります。
時間は金曜日朝10時30分、日曜日ミサ後です。
詳細は受付または案内まで。



●  2017年の指定献金

ことしのさいたま教区の「指定献金」は以下の通りです。
みなさま、ご協力をよろしくお願いいたします。

 ◆聖地エルサレム=聖金曜日
 ◆広報の日=復活節第6主日
 ◆聖ペトロ使徒座=6月29日
 ◆難民移動移住者=9月第4主日
 ◆世界宣教の日=10月第3主日
 ◆オープンハウス=11月第1主日
 ◆宣教地司祭育成=12月第1主日
 ◆イエスの食卓献金=待降節


★☆★  教会生活ガイド ★☆★

以下のような際には、教会にお申し出ください。手続きが必要な場合もございます。
直接、または地区の方や教会の役員などを通じて、担当司祭と連絡をとるようお願いいたします。


▼引っ越しする時

浦和教会の地域外に転居する時は、転出入の届けを出します。
地域内の転居の場合も新しい住所等をお知らせください。


▼結婚することが決まったら

あらかじめ心得ておくべきことや、必要な手続きがあります。
できるだけ早い段階で司祭に申し出て、準備を始めてください。


▼信者の方が亡くなったら

通夜、葬儀のことなど、短時間に多くのことを決めなければなりません。
できるだけ早く教会に連絡してください。


▼重い病気にかかったり、手術を受ける前など

病者の塗油が受けられます。司祭にお申し出ください。


▼病気や高齢のため教会になかなか行けないとき

司祭や訪問司牧を担当する信徒が伺います。
ゆるしの秘跡やご聖体を受けることもできます。


 ◆教皇フランシスコのことば◆

どれほどわたしたち自身が神を愛しているかより、

どれほど神がわたしたちを愛してくださっているかを

理解する方がずっと大事なのです。




Copyright(C) 2005-08, Catholic Urawa Church, All rights reserved.