カトリック浦和教会
最初のページへ
最初のページへ  


交通アクセス
ミ サの時間 mass
管理者へメール
HP運用規程
資 料
教会 が初めての方へ
結婚式ご希望の方へ
担当司祭のご紹介
葬儀について
規約、組織など
浦和教会の歴史

聴く、応える、食べる、行く〜初聖体を祝う
(2018年6月号)

吉川 孝政



 今日、キリストの聖体を祝うミサの中で、3名の子どもたちが初聖体を受けます。それにあたり、ミサについて分かち合いたいと思います。

 ミサは、皆さんもご存知のとおり、ことばの典礼(共同祈願まで)と感謝の典礼(奉納以降)とに分かれています。このそれぞれのミサの構造の背景には、ユダヤ教の伝統が深くかかわっています。ことばの典礼は、ユダヤ教の会堂で行なわれていたものに通じています。感謝の典礼は、イスラエルの民が神によって奴隷状態から解放され、エジプトを脱出したことを祝う過越祭とつながっています。わたしたちはことばの典礼において神のみことばを聞き、それに応答します。感謝の典礼の中で、わたしたちのためにいのちを捧げられたイエスの死と、それを過ぎ越されたイエスの復活を思い起こし、そのしるしとして、ご聖体をいただきます。イエスのいのちを受けて満たされたわたしたちは、外に向かって歩み始めるのです。

 この、聴く、応える、十字架と復活を思い起こしてパンを食べる、行く、という流れの中にミサはあります。簡単に思い起こしましたが、ミサはわたしたちにとって最高の礼拝であり、カテキズム=信仰教育の場でもあります。

 ミサにおける沈黙、祈る大人の姿を、子どもたちは見ています。大人の背中を見て、イエス・キリストはどういう方なのか、教会とはどういう場なのか、ミサの中で身につけていくものだと思います。ミサが一番の教育の場です。それを大人は示していかなければなりません。これは家庭の中でもそうでしょう。聴く、応える、食べる、そして行く。ミサの中での態度は、普段の生活の態度につながっています。

 初聖体にあたり、ミサに参加する態度を振り返っていただきたいと思います。




Copyright(C) 2005-07, Catholic Urawa Church, All rights reserved