カトリック浦和教会
最初のページへ
最初のページへ  


交通アクセス
ミ サの時間 mass
管理者へメール
HP運用規程
資 料
教会 が初めての方へ
結婚式ご希望の方へ
担当司祭のご紹介
葬儀について
規約、組織など
浦和教会の歴史

教区大会の熱い1日(2016年11月号)

司祭 吉川 孝政
 

 11月3日、宇都宮海星女子学院で第13回目の教区大会が開かれました。
→さいたま教区大会の様子はこちら

 わたしは朝5時に電話で起こしてもらい、7時過ぎには浦和教会から、朝霞、草加各教会からの参加者も集まり出発。途中、北浦和教会の人たちを乗せて、バスの中で歌の練習も行われました。

 テーマは、「神のいつくしみを歌おう、いつくしみ深い人になるため」で、11月13日に閉幕ミサがせまる特別聖年の最後にふさわしい大会でした。

 予想より多く、約千人が集まりました。プログラムは、合唱フェスティバルが中心で、埼玉南ブロックはトップバッターを務めました。全部で11ブロックあり、ブロックごとの特色がはっきり出ていました。多国籍の信者が集まるところも多く、そうした違いの豊かさを感じることができました。大会の締めくくりのミサの前に、各ブロックがそれぞれの特色を生かした賞を受け、埼玉南ブロックは「信仰賞」をいただきました。

 違いを認めることは、信仰生活を生きる上で大切なことです。そもそもカトリックとは「普遍的」という意味です。普遍的ということは、それぞれ違いがある中で、神において一つになるということです。

 自分の小教区以外の人との交わりを通して、わたしたちが、神さまから与えられた違いは恵みだということを感じていく。違いは大変でもあるし、認め合うことは難しいこともありますが、ミサを通して一つになることができる。今年の教区大会はそうした、“熱い”1日でした。




Copyright(C) 2005-07, Catholic Urawa Church, All rights reserved