カトリック浦和教会
最初のページへ
最初のページへ  


交通アクセス
ミ サの時間 mass
管理者へメール
HP運用規程
資 料
教会 が初めての方へ
結婚式ご希望の方へ
担当司祭のご紹介
葬儀について
規約、組織など
浦和教会の歴史

熊本・大分の震災で(2016年5月号)

吉川 孝政
 

 4月14日から続く、熊本と大分の今回の地震に関して、その被害の大きさは、すでに皆さんもニュースなどでご存知のとおりです。福岡教区と大分教区からの発表では、教会関連の施設にもかなり大きな被害が出ているということです。浦和教会では早速募金が始まったと聞いています。わたしたちは共同体として祈りと献金を続け、連帯を続けていければと思います。

 浦和教会の皆さんの中にもいると思いますが、わたしもひとり、熊本市内に友人が焼肉店をやっていて、「一度ぜひミサに行きたい」と言っていたのですが、地震の後はまだ連絡がついていません。他の友人からの情報では大丈夫だということですが、直接声が聴けないのは何とも心配なことです。大分に住む叔母夫婦は無事で、家は大きく揺れたようですが(棚が倒れたとのこと)、田んぼのことを心配するので、私は思わず、「叔母さん、命あっての田んぼじゃろう」と言ってしまいました。

 自然の前では人間は無力だとつくづく感じます。そのことを考えると不安に思う人も多いと思いますが、しかしどういう状況になっても、生き抜く力を主に願いましょう。  被害に遭っている皆さんに対し、今は祈ることしかできない状況ではありますが、対岸の火事と思わず、できることを皆でやっていければと思います。





Copyright(C) 2005-07, Catholic Urawa Church, All rights reserved