カトリック浦和教会
最初のページへ 最初のページへ  


交 通アクセス
ミ サの時間 mass
管理者へメール
HP運用規程
資 料
教会が初めての方へ
結 婚式ご希望の方へ
担 当司祭のご紹介
葬 儀について
規 約、組織など
浦 和教会の歴史

周りを照らす光となって(2014年1月号)

   吉川 孝政


 浦和教会の皆様、クリスマスと新年おめでとうございます。

 先日、久しぶりに夜の浦和を散歩してみました。美しいイルミネーションを飾っている家や店、通りなど眺めながら、途中、野良猫に出会い、「やっぱり、うちの猫のほうが可愛い…」と思いながら歩いていました。

 クリスマスは、神が世界を愛するがゆえに、独り子を私たちに与えられたという出来事です。馬小屋のなかに飾られている幼子イエスの像を見るたびに、私は「弱くなられた神」の姿を思い起こします。それは、人間とは強い存在でなく、弱く、もろいということを神は分かっていたからこそ、そして、そうした人間と共に居たいがためにこそ「弱くなられた」のだ、ということです。
 幼子イエスが世界にもたらした「光」は、イルミネーションの刺激的な輝きではないかもしれませんが、私たちを優しく、温め、力づけてくれるものです。
 この一年、幼子イエスから「光」を分け与えられている私たちは、周りを照らす者となることができるように、祈り、働きたいものです。
 「光は暗闇の中で輝いている。」(ヨハネ1・5)



Copyright(C) 2005, Catholic Urawa Church, All rights reserved.