カトリック浦和教会
最初のページへ 最初のページへ  


交 通アクセス
ミ サの時間 mass
管理者へメール
HP運用規程
資 料
教会が初めての方へ
結 婚式ご希望の方へ
担 当司祭のご紹介
葬 儀について
規 約、組織など
浦 和教会の歴史

日本での宣教について思うこと(2013年12月号)

   ロニー・ロボッカ


 日本は豊かな歴史的遺産をもち、それは世界中の人々に気づきと励ましを与えるものです。多くの殉教者や聖人をもつことも日本の誇りです。

 聖フランシスコ・ザビエルは「他の異教徒の中に、日本人のような民族は決して現れないだろう」と言いました。この言葉は、日本における宣教の業を考えるのに深い意味を持ちます。私のつたない考えでは、この聖人の不思議な言葉は、日本において福音が受け入れられることは、いかに困難かを現しているのだと思います。

 日本における宣教は、メキシコやフィリピンでのように剣の圧力による強制ではなく、宣教師たちの努力にかかっていました。その努力にあたっては、神の位格や三位一体のような哲学的概念の翻訳、また日本人が自然の中に神々を見出すことが、困難として立ちはだかったでしょう。ザビエルはそこで、日本人のための要理書を書き、日本語の用語を用いるよう努めました。さらに宣教師たちは、文化的違いにも苦しめられたでしょう。

 最初に日本で宣教が始まってから何世紀か経ちました。厳しい禁教令が解かれても、キリスト者が人口の1%を超えることはありません。それでも、神道、仏教に続く3番目の宗教と位置づけられてはいますが。

 日本で宣教するためには、この社会の課題に心を開いていなければなりません。一つひとつの文化はそれぞれ異なり、貢献し合わなければなりません。福音のメッセージを妥協することなく生き、他の文化を尊重していきたいものです。



Copyright(C) 2005, Catholic Urawa Church, All rights reserved.