カトリック浦和教会
最初のページへ 最初のページへ  


交 通アクセス
ミ サの時間 mass
管理者へメール
HP運用規程
資 料
教会が初めての方へ
結 婚式ご希望の方へ
担 当司祭のご紹介
葬 儀について
規 約、組織など
浦 和教会の歴史

「信仰年」を迎える心2012年10月号)

   齋藤 紳二


 『信仰の門』と題された小さなパンフレットがあります。教皇ベネディクト16世が「信仰年」の開催を告知するために、全世界に配布した文書です。「信仰年」は第2バチカン公会議開幕50周年の記念日2012年10月11日に始まり、『カトリック教会のカテキズム』発布20周年にあたる2013年11月24日までつづきます。

 このパンフレットには、教皇がこの特別の日々を定めた理由が、詳しくつづられています。教皇は現代のカトリック教会が、「地の塩」でも「世の光」でもなくなってしまったことに、大変な危機感を抱いています。そして、革命的とも言われた第2バチカン公会議が目指した「自己刷新」が必ずしも正しい歩みを進めているとは言えない状況であり、さらなる刷新が求められていると指摘します。

 教皇は信仰年を機会に、キリストを信じるすべての者が信じる喜びと信仰を伝える熱意を再び見出すために、信仰について学ぶとともに、自らの信仰の内容を再発見し、信じることについて深く考えることをすすめています。

 これからの1年間にさまざまな学びの機会や分かち合いの場を教区が準備することになると思います。そのような機会を積極的に利用して、「信仰の正確な知識を自分のものとし、そこから信仰を生かし、清め、強め、告白することができるように」なってほしいと呼びかける教皇のお言葉に応えることができれば素晴らしいと思います。





Copyright(C) 2005, Catholic Urawa Church, All rights reserved.