カトリック浦和教会
最初のページへ 最初のページへ  


交 通アクセス
ミ サの時間 mass
管理者へメール
HP運用規程
資 料
教会が初めての方へ
結 婚式ご希望の方へ
担 当司祭のご紹介
葬 儀について
規 約、組織など
浦 和教会の歴史

新年にあたって2012年1月号)

   吉川 孝政


 クリスマスと新年、おめでとうございます。
 昨年は、激動の一年でした。昨年を表す漢字は「絆」とあったように、人とのつながりを考えさせられる年でもありました。

 1月1日は神の母聖マリアのお祝い、そして世界平和祈願日です。
 マリアこそ、平和を願っていた方だと思います。それは、マリアの生涯を見てみると分かること。一番端的なのは、イエスの十字架の死です。
 十字架のそばで、わが子の死を目の当たりにしなければならない状況があった。平和であれば、そういうことは起きなかった。クリスマスの出来事を見ても、よく考えれば、単にめでたいだけではない。泊まるところもなく、生まれたところは馬小屋(洞窟)。ヘロデ王に命を狙われ、エジプトでの難民生活。イエスも、マリアも、ヨゼフも、平和な状況の中で過ごしたわけではなかった。
 だからマリアこそ、平和を願っていたに違いないと思うのです。

 新年を始めるにあたり、母マリアと心を合わせて、私たちひとりひとりが平和を生きることができますように、祈りましょう。



Copyright(C) 2005, Catholic Urawa Church, All rights reserved.