カトリック浦和教会
最初のページへ 最初のページへ  


交 通アクセス
ミ サの時間 mass
管理者へメール
HP運用規程
資 料
教会が初めての方へ
結 婚式ご希望の方へ
担 当司祭のご紹介
葬 儀について
規 約、組織など
浦 和教会の歴史

金祝にあたり2011年3月号)

   アタナジオ 野上貢


 2011年3月6日(日)午後2時、カトリック浦和教会にて、谷大二司教司式で、私の金祝のミサが行われることになります。

 1961年、桐生教会で長江司教により「司祭」に叙階されてから、ことしで満50年になります。このあと、一応復活祭で引退になり、「アルスの家」(栃木県那須町)に移ることになります。ことしの4月1日で満87歳となり、補聴器と入れ歯のお世話にはなっておりますが、お陰様をもちまして健康で過ごさせて頂いております。それも皆々様のお陰様でございます。

 私は1924年4月1日、群馬県桐生市に生まれ、そこで同年5月はじめに、パリミッション会のカディヤック神父から洗礼を受け、代父は石橋猛さん(桐生中学校の図工の先生)でした。霊名はアタナジオ。有名でないから、お閑だそうなので、よく守ってくださるでしょうとのことでした。

 父は茨城県の農家出身で、群馬県桐生市の織機製造会社の技師、母は仙台市南部の町の米問屋でした。私が5歳の時、父は35歳で亡くなり、洗礼を受けました。母は小学校に勤めましたが、内野教区長の要請を受け、微力乍ら御協力をささげ、47歳で帰天しました。私は浦和教区神学生として神学校に入学しました。そして司祭叙階の時から、あっという間に今般の金祝を迎えることになりました。

 自分の微力を反省すると、実にあわれみ深い神様の御恵みと、皆様方の強大な御援助、御協力に外ならぬことと恐縮しておる次第です。ここに関係者の皆さんに心から御礼申し上げねばならぬと強く思っております。



Copyright(C) 2005, Catholic Urawa Church, All rights reserved.