カトリック浦和教会
最初のページへ
最初のページへ  


交通アクセス
ミ サの時間 mass
管理者へメール
HP運用 規程
資 料
教会 が初めての方へ
結婚式ご希望の方へ
担当司祭のご紹介
葬儀について
規約、組織など
浦和教会の歴史

苦労はあるけど幸せです(2008年8月号)

齋 藤 紳二  


 ある外国人の姉弟を4年間にわたって支援してきました。幸いなことに、弟の方は日本で出会ったドイツ人女性と結婚したために、最近ドイツに入国を許可さ れ、新たな生活を始めました。姉の方は現在カナダに定住するためのてつづきをすすめています。まだ、実現するかどうかは未知数です。

 ドイツの弟からメールがとどきました。大変なカルチャー・ショックと戦っている最中だそうです。ドイツには日本ならどこででも見かける安売り店舗がない といいます。100円ショップなどはどこにもなく、家電製品は日本に比べて値段が高く、そろえようにも資金が足りず、今のところはテレビも電子レンジもコ ンピュータもなしで、「原始生活です」とのこと。買い物をすれば「いらっしゃいませ」「ありがとうございます」「またどうぞ」と度々店員から声がかかる日 本と違いまったく無愛想で、店員は商品を売ってしまうともう客には無関心になってしまうとも記しています。4年間の滞日生活ですっかり日本式の生活になじ んでしまった彼には、驚きの連続です。
baby
 その反面、赤ちゃんが生まれることが分かると、早速妻の母親が、ゆりかごからベビー・ウェア、哺乳瓶にいたるまでそっくり運び込んでくれたというよい面 もあったそうです。それらの品はすべて、妻が赤ちゃんのときに使ったもの。20年以上もきちんと保存してあったというので、いかにもドイツ人らしいと感心 せざるを得ませんでした。

 いろいろな苦労話も、決して面倒くさそうではなく、新たな生活を始める希望にあふれています。文字通りの「幸せの便り」です。帰りたくても故国に帰れな いたくさんの人々に、こうした幸せを味わわせることのできる日本であってほしいと、心から思いました。


Copyright(C) 2005-08, Catholic Urawa Church, All rights reserved