カトリック浦和教会
最初のページへ
最初のページへ  


交通アクセス
ミ サの時間 mass
管理者へメール
HP運用規程
資 料
教会 が初めての方へ
結婚式ご希望の方へ
担当司祭のご紹介
葬儀について
規約、組織など
浦和教会の歴史

様々な才能(2008年6月号)

鈴木 三蛙  


 5月28、29日と2日間にわたって教誨師の全国大会が札幌であった。その初日、北海道生まれの作家、元医師、渡辺淳一氏の「様々な才能」と題する記念講演があった。その話の一部を紹介させていただく。
 氏は言う。
 「才能を広く大きく考えたい。人の話を聞かないですぐ眠れる人・・そのような人は寝起きがいい。眠りは人が生きていくための原点だ。体力をすぐ回復す る。私もすぐ眠れる。うっかり横にもなれない。医者にも夜間当直の時にすぐ起きれる人と起きれない人がいる。寝起きが悪いと使い物にならない。寝ぼけてい る当直にあたったら先ず最悪だ。寝起きの良い人は寝付きがいい。2時間寝付きの悪い人と寝付きの良い人では、一生で7万時間違う。寝付きが良いというのも 才能だ。

 また、無神経と鈍感力は違う。鈍感力は復元力だ。私は立ち直る力を鈍感力と言いたい。
 手術の時に小言を言う癖のある教授がいた。事ごとに小言を言う。生徒の中に背が高く何時も腰をかがめ、トンボめがねをしていた青年がいた。いかにも叱ら れやすい顔である。ところが彼は教授がぶつぶつと小言を言うと、はいはい、はいはい・・と返事をする。ぶつぶつ、はいはい。ぶつぶつ、はいはい。教授も甘 えていたのかも知れない。そのやりとりで仕事がうまくいく。青年は叱られた影を全く残していない。気分の転換が早い。叱られるとすぐ暗くなる生徒、傷つき やすく落ち込みの深い人と比べるとまるで違う。青年は教授の近くにいることが多くなり、手術の腕がとても上がった。今考えると人の話を聞いていなかったの だと思うが、この鈍感力も才能である。」

   
seihitsu/yuri
 人は才能と言う時、どのようなものをイメージするのだろうか。よく眠るのを才能と言うだろうか。鈍感力を才能というだろうか。でも考え方次第でマイナスと思われる性格を、プラス思考で考えることも出来る。要はあまりに神経質になってしまわないことかもしれない。
  教会は多くの人の献身で動いている。それぞれが神様の前に良かれと思って奉仕の精神で動いている。しかし人それぞれだから自分と考え方の違う人もいたりし て思うようにならないことも多々ある。意見がぶつかり、自分の基準で人を裁いてしまうこともある。そして互いが深く傷つく。今回渡辺氏の話を聞きながら、 今からでも遅くない。自分も鈍感力を身につけたいと切に思った。そして様々な才能を評価できるようになれたらと思う。


Copyright(C) 2005-08, Catholic Urawa Church, All rights reserved