カトリック浦和教会
最初のページへ
最初のページへ  


交通アクセス
ミ サの時間 mass
管理者へメール
HP運用規程
資 料
教会 が初めての方へ
結婚式ご希望の方へ
担当司祭のご紹介
葬儀について
規約、組織など
浦和教会の歴史

四旬節にめざすこと(2008年2月号)

齋藤 紳二  


 最近、急に思い立って、遠藤周作さんのふたつの作品『イエスの生涯』と『キリストの誕生』を30年ぶりに読み返してみました。

 初めて読んだころは私も若かったので、「イエス・キリストが神の子であった」という認識を一切切り捨てて、あくまでも人間イエスとしてとらえようとする 遠藤さんの姿勢に、かなり反発を感じました。その結果、ふたつの作品がどんな内容だったかまったく記憶に残りませんでした。

 70歳を間近に控えた今、遠藤さんが書きたいと切望していたことが分かるような気がします。それは、イエスが神であることを認められなくても、少なくと も「偉大な人」であったことを理解して欲しいということです。キリスト教の信仰が理解できなくても、キリスト教を否定する考えをもっていても、「この人の 素晴らしさは否定できないでしょう」と叫んでいる遠藤さんが見えてきます。    
jesus life
 この2冊の本で、遠藤さんがもっとも重きをおいているイエスのみことばは、十字架上での祈りです。「父よ、彼らをお赦しください。自分が何をしているの か知らないのです。」どんな人であれ、この祈りに示されているイエスの愛を理解できないはずはない、と遠藤さんは強調しています。    

 2月6日から私たちは復活祭の準備期間「四旬節」に入ります。この期間、司祭が着用する祭服を初めとした典礼色は、回心を表現する紫色が用いられます。どのような回心でしょうか?
 イエスの生涯とその死、復活によって証しされた神の無限の愛をつい忘れがちな私たちの心に、感謝と賛美をもう一度刻みつけること……それこそ四旬節の私たちの目標と言ってもよいのではないでしょうか?


Copyright(C) 2005-08, Catholic Urawa Church, All rights reserved