カトリック浦和教会
最初のページへ
最初のページへ  


交 通アクセス
ミ サの時間 mass
管理者へメール
HP運用規程
資 料
教会 が初めての方へ
結 婚式ご希望の方へ
担 当司祭のご紹介
葬 儀について
規 約、組織など
浦 和教会の歴史

苦しみの価値転換(2007年3月号)

藤 田 恵  


 伊語では復活祭をpasqua(パスクア)と言います。伊語はラテン語から生まれましたから、私は復活祭のイメージで、ラテン語の平和(pax=パック ス)が語源か?と勝手に思っていました。
 しかし、神学校でギリシャ語を学び、目からうろこが落ちました。最後の晩餐が、今日のミサの源であり、それが過越しの食事であったことは、聖書の記述か ら解ります。ギリシャ語は、過越祭のことをヘブライ語風にπασχ& alpha;(paska・パスカ)と言いま す。このπασχαが、仏語や伊語の復活祭の語源なので す。そしてπα σχαから派生した動詞πασ χω(pasko・パスコー)の意味 が、「経験する・苦しむ・苦難を受ける」と知ったとき、復活祭の深い意味が見えてきました。

 復活の前には、すさまじく、むごいまでの受難があります。イエス様は、苦しみ、あえぎ、「わが神、わが神、なぜわたしをお見捨てになったのですか」と叫 び、息絶えました。
 私たちは日々の生活の中で、様々な苦しみに遭います。飢餓や窮乏、無理解や差別。その中で、最も辛い苦しみは「罪」です。
 弱さゆえ、私たちは人間関係の中で他人を傷つけます。それが負の連鎖となり、日々の生活に陰を落とし、祈れなくなることさえあります。しかし、苦しみの 目で十字架上のイエス様を見たとき、同じように苦しまれた姿があります。その死が、私たちの罪を贖う尊い死であったことを感じた時、眼前の世界が変わりま す。
 苦しみは私たちの内面を純化します。かつて、イスラエルの民がエジプトでの奴隷から解放されたように、受難に預かることは、罪の奴隷からの解放 —すなわちイエス様の復活の栄光に預かること—という180度の価値転換が起こるのです。ペトロはこう書き記し ています。「キリ ストの苦しみにあずかればあずかるほど喜びなさい。それはキリストの栄光が現れるときにも、喜びに満ちあふれるためです」(一ペトロの手紙4・ 12—13)

 私たちは今、四旬節を過ごしていますが、主の復活を祝うことの深い意味を見つめてみませんか。


Copyright(C) 2005-07, Catholic Urawa Church, All rights reserved