カトリック浦和教会
最初のページへ
最初のページへ  


交 通アクセス
ミ サの時間 mass
管理者へメール
HP運用規程
資 料
教会 が初めての方へ
結 婚式ご希望の方へ
担 当司祭のご紹介
葬 儀について
規 約、組織など
浦 和教会の歴史

御父のプレゼント(2007年1月号)

野 上 貢  


 みなさん、あけましておめでとうございます。ことしもみなさんにとって主の恵みにあふれる、よい1年となることを願っています。

 私たちは主のご誕生をお祝いいたしました(キリストのミサ=クリスマス)。ごミサの聖体を先取りするようなベトレヘムという名前(「パンの家」の意)の 地に、その子が生まれるべきでした。さらに滋養物のシンボル、まぐさ桶に御子は横たえられる。御父はその子を私たちの一部になさるため、私たちのいのちの 食べ物になさるために与えることを暗示されたのです。ここに大きな贈りものの交換がなされます。
 お生まれになられるイエス様は、すべての美しい創られたものをもつ、私たちの人間性という贈りものを受け取り、その代わりに神の神性に加わることを私た ちに与え、私たちを彼の兄弟姉妹になさいます。私たちの単純な人間性は照り輝きを得ます。この混乱した孤児から豊かに報われ、偉大な御父の養子となりゆく のです。

 その相続は永遠性を保証され、私たちが愛されていることを知り、望まれて神によって受け入れられ、宝のようにされ、やがては神の家族のメンバーにされる のです。
 この人類への御父のプレゼントをすべての人々が分かち合い、平和が私たちみんなの目標として心を育てていけるように祈り合いつつ進んでいきましょう。
 私たちは神につくられ、神に望まれ、その神の望みを私たちも目指すということを感謝し、誇りを持ってキリストの所有者となります。この恵みに応えるの は、希望のために喜んでキリストを伝えていこうとすることではないかと思います。キリストにおける喜びは、新しい人、新しい顔、しばしば参加できない人、 キリストの顔を避けている人にももたらされるものです。御父のクリスマスプレゼント。神の強い恵みとして味わうことをさらに深めていきたいと思います。 (12月25日の説教から)


Copyright(C) 2005-07, Catholic Urawa Church, All rights reserved