カトリック浦和教会
最初のページへ
最初のページへ  


交 通アクセス
ミ サの時間 mass
管理者へメール
HP運用規程
資 料
教会 が初めての方へ
結 婚式ご希望の方へ
担 当司祭のご紹介
葬 儀について
規 約、組織など
浦 和教会の歴史

楽泉園に行ってきました(2006年5月号)

藤 田 恵  


 中高生会で3月25、26日に草津の国立療養所栗生楽泉園に行ってきました。今回の旅行は、社会に根強い差別の問題を、中学生の目と耳で直接体験しても らおうという目的で企画しました。

 わたしは神学生になった最初の年の冬休み(2004年正月)、楽泉園に出かけました。当時36歳でしたが、ハンセン病元患者の方と接するのは初めて。と ても緊張していましたが、会って話を聞いているうちに、自分はもっと早くここを訪れるべきであったと感じました。
 元患者さんの口から、テレビや新聞では伝わらない、人生の意味を問うた壮絶な戦いと、信仰物語が飛び出してきたからです。私たちは、マスメディアを通じ て情報を得ると、すっかり知った気になってしまいます。しかし、現場を訪れると伝わってくるのは、熱い人生の重みと息遣いです。

 そのとき、「自分が元気なうちに、この思いを伝えたい」という気持ちを聞かされたのですが、今回の訪問は2年越しにそのときの約束の実現となりました。 6人の中高生は、今回の旅行で何かを得ています。彼らがこれから生きていく中で、つらいことや挫折を経験するでしょう。しかし生きることのすばらしさ、い のちを与えられていることの尊さを、先輩の信仰から学びとってくれたはずです。
 イエス様が率先してなされた、弱者への優しいまなざしと、苦しみ悲しむ人々へ共感する心を、中高生が育んでいければと思います。


Copyright(C) 2005-06, Catholic Urawa Church, All rights reserved.