カトリック浦和教会
最初のページへ
最初のページへ  


交 通アクセス
ミ サの時間 mass
管理者へメール
HP運用規程
資 料
教会 が初めての方へ
結 婚式ご希望の方へ
担 当司祭のご紹介
葬 儀について
規 約、組織など
浦 和教会の歴史

「しかられるから・・・」ではなく(2006年4月号)

鈴 木 三蛙  


 先日レストランで食事をしていた時のことです。すぐ後ろの席に小さな子が居てソファーの上に立ってこちらをみていました。すると母親がその子に注意をし て「叱られるからこちらを向きなさい」と言うのが聞こえたのです。見ているだけの幼子をだれもしかりはしません。失礼な話です。電車の中で子供がふざけて いると、「叱られるからよしなさい」という言葉も良く耳にします。
 「叱られるから・・・」この言葉は、幼い子供に恐怖を植え付けることになると同時に、他人に責任を転嫁する言い方で、叱られなければいい、あるいは判ら なければいい・・という偏ったものの見方を植え付けることにもなります。

 お母さんがお産のために入院している間、おばあちゃんに連れられてセウイに数日泊まった男の子が居ました。デカレンジャーのパジャマを着ていました。家 に帰ってそのパジャマを脱ぎ捨てているのを見て「神父さんはこのパジャマをほしがっていたから、きちんと畳んでしまっておかないともらいにくるかもしれな いよ」と言ったが、一向に片づける気配がなかったとのことでした。そこでそれを1日隠しておき、翌日畳んで男の子の引き出しにそっと入れて戻しておいたと ころ、それを見つけて以来男の子は、言われなくても必ず畳んで引き出しにしまうようになったとのことでした。
 「叱られるから・・・」ではなく、「大切にする・・・」事の意味を学ぶことによって、子供は自分から変わっていくのでしょう。

 四旬節も残すところわずかとなりました。イエスが命をかけるほどに私たちを大切にしてくださったことを思いながら、残りの日々を過ごしたいとおもいま す。「叱られるから・・・」ではなく、「大切にしていただいている」ことを感謝しながら回心の時を持ち、私たちの心と思いを神の方に向けなおして、心を軽 くして復活祭を共に喜び祝いたいものです。 アレルヤ!!


Copyright(C) 2005-06, Catholic Urawa Church, All rights reserved.