カトリック浦和教会
最初のページへ
最初のページへ  


交 通アクセス
ミ サの時間 mass
管理者へメール
HP運用規程
資 料
教会 が初めての方へ
結 婚式ご希望の方へ
担 当司祭のご紹介
葬 儀について
規 約、組織など
浦 和教会の歴史

イエスは世の光(2005年12月号)

藤 田 恵  


 「12月25日はイエス様の誕生日じゃないの?」ある中学生の女の子からこんな質問を投げかけられました。その子は社会の先生から、キリスト教のお祝い が事実と異なる季節に行われていることをからかわれながら聞かされて、ショックを受けていました。
 確かにイエスが生まれたのは、冬ではありません。幼子を最初に見た羊飼いたちが野宿をしていた(ルカ2章8節)ことから、春から秋にかけての季節だった と推測されています。

 初代教会では、イエスがいつ生まれたかという日付に、特に関心を持っていなかったようです。むしろ神様が目に見える形でこの世に現れたという事実をお祝 いすることに喜びを感じていました。
 最初にキリスト教を認めたローマ皇帝は、ローマ軍人が信仰していた太陽崇拝を利用したかったようです。12月25日はローマ暦の冬至に当り、この日を境 に日が長くなることから、お祝いする習慣がありました。
 ただし重要なのは、イエスは自らを「世の光」(ヨハネ8章12節)と表現したように、闇に覆われた地上に光をもたらすという意味(ヨハネ1章)が、イエ スの誕生にありました。創世記の天地創造物語でも、神の最初に発した言葉は「光あれ」でした。
 ですからこの日にイエスの誕生を祝うのは、歴史的事実ではないですが、当時のローマの人々には理解しやすい象徴的な日でした。私たちは歴史的人物である イエスを信仰しているのではなく、神がこの世に贈ってくださった罪のあがないと救いのしるしであるイエスを信じているはずです。

 イエスは今から2000年ほど前に、確かにユダヤの地で生まれました。それは地上に喜びの光をもたらしました。冬至の日にお祝いするのは不自然ではあり ません。その姿は、人々を軍事力で治める王としてではなく、弱い人、貧しい人、困っている人に寄り添って生きようとする姿でした。
 25日のミサの中で「ふれあいくらぶ」の子供たちの聖劇が演じられます。浦和教会の愛と希望の象徴といっていい子供たちと、お母さん方が一生懸命練習し て完成させたものです。子供たちの熱演にご期待ください。


Copyright(C) 2005, Catholic Urawa Church, All rights reserved.