カトリック浦和教会
最初のページへ
最初のページへ  


交 通アクセス
ミ サの時間 mass
管理者へメール
HP運用規程
資 料
教会 が初めての方へ
結 婚式ご希望の方へ
担 当司祭のご紹介
葬 儀について
規 約、組織など
浦 和教会の歴史

冷たい国の民のひとりとして(2005年11月号)

齋 藤 紳二  


 私が訪問している茨城県牛久市の外国人収容センターに、ひとりのアフリカ出身の青年がいます。22歳。長身のがっしりした体格で、サッカー好きの好感の もてる若者です。

 彼の故国は農業国ですが、特産品のダイヤモンドで外貨を稼ぎ、経済的に安定した平和な国でした。ところが、部族間の勢力争いから内乱が始まります。彼は 隣の国に逃げ難民キャンプにたどり着きましたが、実はその国も内乱で毎日血が流されていたのです。
 アフリカに見切りをつけた彼は、先進国に逃れて生きながらえようと計画しました。まず、父親の車を売って渡航費用をつくり、大きな国々の大使館に行っ て、渡航の相談をしようとしました。しかし、どの大使館も、ガードの兵士が難民キャンプから来た少年を入れてくれません。事情を説明しても、門をくぐるこ とさえ許されなかったそうです。
 ところが、兵士にガードされていない大使館がたったひとつだけありました。日本の大使館でした。入国のためのビザを申請すると簡単に発給してくれたの で、彼は「日本は難民をあたたかく迎えてくれる国だ」と確信したそうです。
 しかし、現実は逆でした。日本到着直後に難民申請しましたが認めてもらえず、再度の申請も却下。彼は、国を失った人々をあたたかく保護すると思っていた 日本という国が、実は冷淡な国であることを思い知らされました。そうこうしているうちにオーバーステイになり、銀座を歩いているときに警官に呼び止められ て拘束され、そのまま収容されてしまいました。建物から一歩もでられない収容生活がはじまり、まもなく一年がたとうとしています。

 いったんは信頼し、期待した日本という国に裏切られ、希望を失いつつあるこの青年を、日本人である自分がどう励まし、どう慰めればよいのか、答えがみつ からず途方にくれています。自分も彼を苦しめている元凶のような気がするからです。せめて、自分だけは「あたたかな心で」接することができるようにと思う ばかりです。


Copyright(C) 2005, Catholic Urawa Church, All rights reserved.