カトリック浦和教会
最初のページへ
最初のページへ  


交 通アクセス
ミ サの時間 mass
管理者へメール
HP運用規程
資 料
教会 が初めての方へ
結 婚式ご希望の方へ
担 当司祭のご紹介
葬 儀について
規 約、組織など
浦 和教会の歴史

愛することは包むこと(2005年9月号)

藤 田 恵  


 今年の夏休みには行けませんでしたが、昨年、一昨年と、社会体験の一環としてわたしはイー スターヴィレッジに滞在しました。この施設は、親の虐待、ネグレクト(育児放棄)等で、親と一緒に生活できない子供たちが寄り添い、 職員の人々と共同生活しています。

 子供たちと共に過ごす中で感じたのは、小さい子供たちの愛情への渇きです。ある子は肩に飛び乗り、腰や足に抱きついてきます。またある子は、いきなりハ リセンでポカッと頭を叩いてきます。いずれも、自分に関心を向けて欲しいという意思表示です。そんな子たちと関わりながら思うのは、イエス様なら彼らにど う接しただろうかということです。

 答えは、マタイ19章13−15、マルコ福音書10章13—16、ルカ18章15−17 にあります。イエスに祝福 してもらおうと人々が子供たちを連れてきたとき、弟子たちは人々を叱ります。しかしイエスは「わたしのところに来させなさい。妨げてはならない。 ……子供のように神の国を受け入れる人でなければ、決してそこに入ることはできない」と、ピュアな心こそ大 切なのだと説きま す。

 わたしが注目したのは、マルコ福音書だけにある「子供たちを抱き上げ」という表現です。「抱き上げる」というギリシャ語は、ε ν αγκαλιζομαι (エナグカリゾマイ=抱く)という単語で、新約聖書の中では、他にマルコ9章36節にでてくるだけです。
「εν」は「〜の中に」で、「αγκ& alpha;λη」は「腕の屈 曲部」という意味。つまり「腕の中に包む」という意味から抱くと訳されるようです。人と接するとき、精神的にも肉体的にも最大の愛情表現は、「抱擁」では ないでしょうか。

 わたしたちは自分が無力であると感じたとき、それでも立ち上がれるのは、主がわたしたちを包んでくださっていると感じるからです。主が守ってくださるか ら勇気が出るし、主がわたしたちを愛してくださると感じるから、人を愛することができるのです。

 イースターヴィレッジの子供たちは、親と一緒に暮らせません。しかし主が注がれる愛は、全ての子供たちにみな平等のはずです。イースターヴィレッジ の子供たちに注ぐ愛情を主から託されているのは、わたしたち一人ひとりではないでしょうか。9月25日にイースターヴィレッジ支援のためのバザーが開か れます。わたしたちが子供たちへ愛を注ぐ、精神的な抱擁をするという気持ちでバザーを成功させることができたら、すばらしいことだと思います。


Copyright(C) 2005, Catholic Urawa Church, All rights reserved.