カトリック浦和教会
最初のページへ 最初のページへ  


交 通アクセス
ミ サの時間 mass
管理者へメール
HP運用規程
資 料
教会が初めての方へ
結 婚式ご希望の方へ
担 当司祭のご紹介
葬 儀について
規 約、組織など
浦 和教会の歴史

弱さを知ることは神の愛を信じること(2005年6月号)

藤田   


 神学生という言葉から、皆さんはどんなイメージを連想するでしょうか。「将来の神父さんの卵」「神様から召命を受けた人」「侍者の指導をする人」と言わ れるとホッとしますが、「教会のコメ食い虫」と言われた暁には、目も当てられません。よいイメージが強いとすれば、諸先輩方の努力の賜物と言ってよいで しょう。

 今、私は浦和教会で奉仕させて頂いていますが、果たして自分は何を残していくのだろうかと、思い巡らさずにはいられません。関わることは、人々の心に思 い出を残していくことですから。ただ私なりに漠然とした目標になっているのは、子供たちが教会を好きになって欲しいということです。

 「ふれあいくらぶ」「侍者会」「中学生会」に顔を出すと、元気いっぱいの子供たちが大勢います。私は彼らの精神的な兄貴であり、遊び相手でいたいと願っ ています。ひとりっ子の私は、本当は子供との触れ合いが不得手です。ですから神様から頂いた「αγ& alpha;π η(アガペー、愛)」を通して、子供たちと関わっていくしかありません。

 ちょっと感動すると涙腺がゆるくなる頼りない神学生ですが、一つの確信があります。どんな試練に合おうとも、「わたしは弱いときにこそ強い」(二コリン ト12・10)という使徒パウロの言葉が、私の心の支えであるということです。わずか三十数年の人生ですが、自分の弱さを痛感させられました。しかし自分 の弱さを知ることは、すなわち神の慈しみの愛を信じることです。

 今月29日は、聖ペトロ・聖パウロの祭日です。パウロは自分の弱さを痛いほど感じている人でした。しかしだからこそ神の力が最大限に発揮され、ローマで 殉教しました。社会という大きな存在の前に、私達はしばしば無力です。しかし弱い私達を、愛してやまない慈愛に満ちた主の眼差しを、見出してみてはいかが でしょうか。


Copyright(C) 2005, Catholic Urawa Church, All rights reserved.