カトリック浦和教会
最初のページへ 最初のページへ  


交 通アクセス
ミ サの時間 mass
管理者へメール
HP運用規程
資 料
教会が初めての方へ
結 婚式ご希望の方へ
担 当司祭のご紹介
葬 儀について
規 約、組織など
浦 和教会の歴史

神のみ前の役割(2004年5月号)

鈴木 三 蛙  


 杉戸町では、これまで行われていなかった月曜日にも、ゴミの収集が行われるようになりました。月曜から金曜まで、5日間毎日収集が行われているのです。 この1日増えた月曜に収集されているのは、ペットボトル以外のプラスチック類です。これまで燃えるゴミとして出されていたプラスチック類が、4月から資源 ゴミとして分類されるようになったのです。今回説明を受けてはじめて知ったのですが、集められるプラスチック類はよく見ると、包装用の物も食べ物の入って いた容器も、レジ袋も、めだたないところに「プラ」と書いてあります。そしてこれを集めてみるとゴミのほとんどがプラスチック類なのです。私たちはいかに 多くの石油製品を使っているか、そして何と多くの物を再利用せずに捨てていたのか、改めてそのことに気づかされました。
 いま杉戸のじりつ村では、説明書を片手に障碍者たちと毎朝ゴミの分別作業にてんてこ舞いしていますが、神様のつくられた世界は実にすばらしい。自然界で はすべてはリサイクルされています。私たち人間だけがリサイクルもせずにゴミを捨て続けてきて、いま地球温暖化による異常気候と、オゾン層減少からくる生 命の危機に直面、自然環境破壊のツケを払わされようとしています。

 神は創られた世界を見て、すべてを善しとしました。障碍者もそうでない者も高齢になってかつてのように働けなくなっていく者も、全ての人は神のみ前に善 いのです。神が善しとされたのですから、この世界に属する全ての人は、神のみ前に何らかの役割があるというべきです。新しい規約が出来て来春より教会の組 織は一新します。そこでも私たちすべてに、神さまのみ前での役割があるのです。お互い謙遜に、その役割を果たしましょう。

 「目が手に向かって『お前はいらない』とは言えず、また、頭が足に向かって『お前たちはいらない』とも言えません。それどころか、体の中でほかよりも弱 く見える部分が、かえって必要なのです。」一コリント12・21


Copyright(C) 2005, Catholic Urawa Church, All rights reserved.