カトリック浦和教会
最初のページへ 最初のページへ  


交 通アクセス
ミ サの時間 mass
管理者へメール
HP運用規程
資 料
教会が初めての方へ
結 婚式ご希望の方へ
担 当司祭のご紹介
葬 儀について
規 約、組織など
浦 和教会の歴史

わたしたちは主をみた、アレルヤ。(2004年4月号)

鈴木 三 蛙  


 3月31日、杉戸へ戻る車の中で携帯電話が鳴りました。施設職員のMさんからです。「いま、いいですか。試験受かりました。」嬉しそうな声でした。1月 に行われた精神保健福祉士の国家試験に合格したのです。これまで応援してくれた人たちに報告の電話でした。
 嬉しいことは伝えたくなります。
 今から二千年前も、イエスの弟子たちは復活のイエスと出会い、復活のよい知らせ、罪の奴隷状態からの解放を告げるビックニュース・・福音・・を、世界中 に向かって声高く告げ知らせました。

 このところ方々から花の便りが届きます。「幸手権現堂桜堤の桜が五分咲きで今週末が見頃ですよ。菜の花の絨毯に映えて見事です。是非いらっしゃってみて ください。」「浦和橋そばの民家のチューリップ畑が見頃を迎えていますよ」などなど。先日は春日部のKさんが、教区事務所の桜をほんのちょっといただいて 良いかな・・、そういってまだつぼみのある小枝を大事そうにもって帰りました。愛妻家のKさんです。教区事務所の桜の話とともに、奥さんへのおみやげにし たのでしょう。

 さて、わたしたちは花のニュースほどに、福音を話題にしているでしょうか。じりつ村の職員から、福音の話を聞きたいので月に一度でいいですから時間を とって下さい。そう願われながら未だに果たせないでいます。仕事に追われているとはいえ、司祭になった時の情熱はどこにいったのでしょうか。
 弟子たちがそうであったように、復活のキリストに出会うことが出来るように念じましょう。復活のキリストは今も私たちとともにおられるのです。復活祭を 迎えるにあたり、信仰告白を込めて、今年こそ、この喜びの知らせを伝えるチャンスを生かしたいものです。

 主はまことに復活された、アレルヤ。


Copyright(C) 2005, Catholic Urawa Church, All rights reserved.