カトリック浦和教会
最初のページへ 最初のページへ  


交 通アクセス
ミ サの時間 mass
管理者へメール
HP運用規程
資 料
教会が初めての方へ
結 婚式ご希望の方へ
担 当司祭のご紹介
葬 儀について
規 約、組織など
浦 和教会の歴史

回心の恵みを祈りましょう(2004年3月号)

鈴木 三 蛙  


 9年に及ぶ長い裁判が終わり、オウムの教祖松本被告に死刑の判決が出ました。この裁判は何を目的にしたものだったのでしょうか。被害者・遺族に対する一 片の謝罪の言葉もなく、教祖が何を考え、何をしようとしていたのか、教祖自身の口から真相が語らることはありませんでした。事件後オウムはアレフと名を替 え、かつての教えとの訣別を表明していますが、未だに教祖の写真を飾っています。松本被告が自ら罪を認めていない以上、教団の中では今なお教祖の教えに対 する帰依は続いていくことでしょう。死者の数は27人。後遺症に苦しみ続ける人々は数知れず、社会には大きな不安を残しています。

 被害者の家族が「何回でも死刑にしてほしい」・・とコメントしていました。その無念さは計り知れません。では、どれだけ償わせれば怒りと悲しみは癒える のでしょうか・・。「死刑でも軽い」と被害者は語っていましたが、死者が生き返る事はないのですから、犯人を極刑にしたとて残されたものの悲しみが癒える ことはありません。いま、終身刑を設けようとする動きがあります。終身刑と無期懲役は異なります。終身刑は文字通り終身牢獄で罪を償わせる考え方ですが、 無期懲役は平均20年ほどで出所します。いのちを代償としても償うことが出来ないのだとすれば、一生かけて償いの時をもたせようというのがその趣旨です。

 もしも松本被告が自ら罪を認めるようになり、その非を悟って衷心より謝罪するならば、あるいは被害者の心に、僅かなりとも癒されるものがあるかもしれま せん。人は誰も、自分のいのちによってさえも本当の償い、十全な償いをすることは不可能なのです。
 だからこそ神はひとり子を遣わし、十字架によって全人類の罪を購わせたのです。とはいえ、わたしたちもまた、イエスの十字架に対する感謝の心をもって、 不完全ながらも償いの意思表示をしなければなりません。イエスが十字架の死までわたしたちを愛されたように、わたしたちも隣人を己のごとく愛することよっ て・・・。

 悔い改めるところがなければ救いもないのです。本人のためにも被害者のためにも、是非とも回心の恵みを被告の為に祈りたいものです。そして、四旬節にあ たり、わたしたち自身にも回心の恵みをともに祈りましょう。


Copyright(C) 2005, Catholic Urawa Church, All rights reserved.